<< 一時の感情で決めないマンション購入−美人投票の結果と個人の選択 | main | マンションのトリプル3−将来が期待できる優秀な新築物件をリストアップ! >>
Brillia(ブリリア)東中野 Parkside Hills(新築)−ファミリータイプが6千万円台の複合開発

JUGEMテーマ:マンション


★ 東京メトロ東西線「落合」駅より徒歩5分、JR総武線「東中野」駅より徒歩8分、都営大江戸線「中井」駅より徒歩9分、同線「東中野」駅より徒歩11分の場所に立地する東京建物&三菱地所レジデンス分譲、NB建設施工、地上8階建、総戸数97戸(他、保育所1区画)の『Brillia(ブリリア)東中野 Parkside Hills』です。

 アドレスは中野区東中野5丁目です。東中野は、中野区の最東部に位置し、神田川にも接しています。西部は中野区中野、南部は大久保通りを境に中野区中央、神田川を境に東部を新宿区北新宿、北部は早稲田通りを境に新宿区上落合と中野区上高田、北東部は新宿区高田馬場に接します。町域内は主に住宅地として利用され、鎮守は氷川神社です。

 東中野には「東中野」駅があり、JR中央・総武緩行線と都営大江戸線が利用可能です。また、上落合の境目に当たる早稲田通り沿いに地下鉄東西線の「落合」駅が利用可能となっています。地域のほぼ中央を山手通りが縦貫し、車の往来も多いエリアです。

 明治大学付属中野中学校・高等学校があり、山手通りと早稲田通りの間にある銀座通りには、学生向けの飲食店が立ち並び土日の昼時には、学生で賑わいます。
「新宿」駅や「高田馬場」駅へのアクセスも良く、一戸建てのほかに一人暮らし向けのマンションやアパートも比較的多いのが特徴で、学生やサラリーマン・OLなど若い世代にも人気のある街の一つといえます。

 本マンションの立地する東中野5丁目には2008年度まで中野区立
東中野小学校がありましたが、2009年度より中野区立中野昭和小学校と統廃合したため、昭和小の名称を変更した中野区立白桜小学校に通うようになりました。2017年12月1日現在で東中野5丁目の世帯数は2,917世帯、人口は4,847人で、東中野の町内では1丁目に次いで人口、世帯数が多くなっています。

 「落合」駅から本マンションまでは徒歩5分です。同駅3番出口から早稲田通りを東に進み、セブンイレブンを越えて初めの曲がり角を右折し、道なりに南へ進んだ右手に所在します。「東中野」駅からは徒歩8分で、同駅東口2番出口から北東方向に進んだ場所に、「中井」駅からは徒歩9分で、「中井」駅からは徒歩9分で、道駅南側から南東方向に進んだ場所に所在します。このほか、「高田馬場」駅からは徒歩18分で、4駅5路線利用可能な立地です。

 本物件は、上記に記した
東中野小学校跡地の複合開発プロジェクトです。中野区主導で進められ、コミュニティ拠点、住宅地としての再生、環境に優しい街、安心・安全といった中野区のビジョンを実現することを目的としています。

 したがって、
全97戸中54戸を専有面積75平米超とし、保育施設を併設、ユニバーサルデザインの採用により多世代の定住化を促すとともに、交流施設の整備(東中野区民活動センター)や区のイベント開催などコミュニティ形成を支え、域に愛される存在となるべく低層のフォルムや外観の色味、接道部分に植栽を多く配したランドプランとなっています。

 中野5丁目は
江戸時代には徳川将軍が鷹狩りを行い、明治時代から大正の初期にかけては約1万5千坪もの花園「華洲園」が広がり、その後は1区画が600〜2,600坪もの広さで分譲され、藤堂伯爵、三越社長・中村利器太郎氏などの邸宅地となりました。武蔵野台地の一角に位置し、南傾斜で新宿を眺める眺望を手に入れることができます。

 「東中野」駅周辺は再開発でにぎわい、
「東中野」駅直結の商業施設「アトレヴィ東中野」があります。本マンションから徒歩3分にはいなげや新宿小滝橋店、同じく徒歩3分のところに地産地消マルシェ、徒歩4分でココカラファイン東中野5丁目店があります。医療機関は徒歩10分内に32箇所もあり、神田川沿いの桜には徒歩2分で見に行くことができます。通学校である白桜小学校はやや遠く、徒歩15分の距離です。

 本マンションの建物のデザインについては、
高低差がある敷地形状を活かし、地層の重なりをイメージした水平ラインで重厚感を出すとともに、周辺となじむ柔らかな色調と多くの植栽で街並みに潤いをもたらすように工夫されています。エントランスホールとラウンジは一体化し、天然石と無垢の木材、金属を壁面に細やかに貼り分けて、気品と温もりを感じさせるようにしています。

 ノーステラスとサウステラスの2棟構成とし、各所に多くの吹抜けを設けることで、共用廊下及び廊下側に面した居室の通風・採光に意を用いています。設備としては、食器洗浄乾燥機、ディスポーザーが装備され、フィレオストーン天板のキッチン・洗面カウンター、手洗いカウンター付きのローシルエット型トイレなど、上質な装備がなされています。二重床・二重天井、床暖房などもしっかり備わっています。

 間取りは建物形状から
田の字型住戸が基本で、上記の通り半数以上を専有面積75平米超としてプランニングされています。

 現在は
先着順10戸販売中で、間取り2LDK+S〜3LDK、専有面積65.17平米〜86.14平米に対し販売価格6,872.1245万円〜9,601.565万円、坪単価349万円〜368万円程度です。これまで分譲された本マンションの住戸には坪単価329万円(ノーステラス4階北東向き)から411万円(サウステラス5階南東向き)までのものがありました。

 平均的には、
専有面積75平米台に対し販売価格8,300万円台で、平均坪単価は360万円台とされています。現在同エリアで販売中の物件の中には、本マンションより駅距離が遠いのに価格水準が同程度のものがあり、中野区主導の複合開発となっているためか、高騰するマンション価格の中では良心的な価格設定ではないかと感じます。

 2LDK+Sで実質3LDKのファミリータイプの間取りが6千万円台で購入できるのもありがたいです。「東中野」駅から「新宿」駅までは直通4分、住みやすさでは「中野」駅より「東中野」駅を好む方がいらっしゃるかもしれません。竣工は東京オリンピックが終了した来年9月下旬、入居は来年11月下旬が予定されています。

公式ホームページ ⇒Brillia(ブリリア)東中野 Parkside Hills

TOPへ


| 新築マンション 中野区 | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック