<< 世田谷ブランドは揺らいでいるのか?−「ためにする議論」が生む現実も | main | 過去のマンション騰落率は再現しない−今のデべロッパーの価格設定の問題点 >>
オープンレジデンシア目白フロントコート(新築)−「目白」駅徒歩3分・山手線内側という希少性

JUGEMテーマ:マンション


★ JR山手線「目白」駅より徒歩3分の場所に立地するオープンハウス・ディベロップメント分譲、多田建設施工、地上5階地下1階建、総戸数56戸の『オープンレジデンシア目白フロントコート』です。

 アドレスは豊島区目白2丁目です。目白は1丁目から5丁目まであり、8,011世帯14,182人が住み、うち本マンションの所在する2丁目には1,956世帯3,415人が住んでいます。豊島区西部に位置し、JR山手線「目白」駅を中心とし、同区南長崎、西池袋、南池袋、雑司が谷、高田、新宿区高田馬場、下落合、中落合と接しています。

 「目白」のイメージは、
由緒ある高級住宅街で、文教地域として知られています。1丁目の大部分を学習院大学キャンパス(学習院大学、学習院高等科、学習院中等科)が占めています。本マンションの所在する2丁目は、目白通りを挟んで学習院向かい側となり、川村学園、通学校である目白小学校があります。3〜5丁目は目白通りを挟んで新宿区下落合および中落合と隣接しています。

 元は北豊島郡長崎町、高田町、雑司ヶ谷町、巣鴨町の各一部からなり、4町は1932年に東京市に編入され、豊島区の一部となりましたが、このとき高田町、雑司ヶ谷町、巣鴨町の各一部をもって目白町が起立し、1966年住居表示の実施に伴い、現行の目白1丁目〜5丁目が成立しました。地名は、
五色不動の一つ、目白不動に因みます。

 「目白」駅から本マンションまでは徒歩3分です。同駅を東側に出て、目白通りを横断し、川村学園中・高校を右手に見ながら北上し、住宅街の中を左折した場所に所在します。目白」駅徒歩3分以内のマンションは2006年以来の供給で、さらに山手線内側立地のマンションは1993年1月以降、本プロジェクトのみとなります。

 学習院大学へは約240m、徒歩3分で、駅に近くありながら落ち着きある街並が形成されています。緑豊かな憩いの場である目白庭園には徒歩8分、目白の森へは徒歩14分です。さらに、「池袋」駅(西武池袋線南口であり、JRではありません。)まで徒歩10分と、近年、再開発が進行し副都心としてさらなる進化を遂げている「池袋」駅周辺も徒歩圏とする恵まれたロケーションです。

 日常のお買い物は、目白のランドマークとなる
商業施設「トラッド目白」まで徒歩2分で、こだわりのフードアイテムの揃うスーパーマーケット「クイーンズ伊勢丹」をはじめ、カフェ・レストラン、物販・サービス、スクール、ウェディング関連など多彩なジャンルの店舗が集積しています。
 
 住戸の配置は
通りより一歩奥まった場所に、全戸南向きかつ3棟構成のスケールで配置し、一戸一戸が心地よい陽射しと落ち着きに恵まれる住環境を実現しています。都心にして駅近という立地に配慮し、プライバシー性を高めるために内廊下設計としました。

 元々大きなお屋敷のあった土地で、土地面積は1,441.59平米ありますが、不整形地でもあります。ダークな落ち着いた色彩の外観で高級感も感じられます。戸数も少ないためか、ディスポ―ザは備えていません

 間取り1DK〜3LDK、専有面積31.34平米〜102.84平米で、投資用にも使用できる1DK、1LDKも北側中心に多くあります。5月に行われた第1期では13戸を販売し、即日完売だったそうです。

 現在は
第2期4戸、第2期6次1戸、第3期予告広告2戸販売で、第2期は間取り1LDK〜3LDK、専有面積42.95平米〜70.11平米に対し販売価格6,298万円〜9,298万円、坪単価438万円〜485万円程度、第2期6次は、間取り2LDK+SR、専有面積70.09平米に対し販売価格8,198万円、坪単価387万円、第3期予告広告は、間取り2LDK・2LDK+S、専有面積50.95平米・69.86平米、販売価格6,500万円台・7,900万円台、坪単価379万円程度・428万円程度となっています。

 情報によれば、本マンションの
平均坪単価は460万円台ということです。同じ売主で由緒ある新宿区下落合アドレス、「目白」駅徒歩10分で分譲中の『オープンレジデンシア目白御留山』の平均坪単価が420万円台すので、駅距離指数換算(駅徒歩3分=駅徒歩10分×1.102)では両者がほぼ釣り合いの取れた価格水準となっています。

 標準相場をごく大まかに試算すると、349万円(目白坪単価)×1.074(駅距離補正)×1.213(2016年地価上昇補正)=坪単価455万円となり、本マンションの価格水準である平均坪単価460万円台とほぼ見合いとなっています。「目白」駅徒歩3分かつJR山手線内側という本当に希少な立地に恵まれながら、適正な価格水準を維持していると評価でき、十分検討に値する物件だと考えます。

公式ホームページ ⇒オープンレジデンシア目白フロントコート

TOPへ


| 新築マンション 豊島区 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック