<< 8月は「HARUMI FLAG」相場ー都心ファミリー向けの需要の強さを活かしたい | main | 基準地価に現れる地域差−横浜、川崎で資産価値を手に入れるコツとは? >>
グランドメゾン中目黒THE CLASS(中古)−築浅の中目黒・高級物件が1千万円安い!?

JUGEMテーマ:マンション


★ 東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒」駅より徒歩9分、東急東横線「祐天寺」駅徒歩12分の場所に立地する積水ハウス旧分譲・竹中工務店施工・地上3階地下1階建・総戸数55戸・2007年1月築の『グランドメゾン中目黒THE CLASS』です。

 アドレスは目黒区中目黒3丁目です。中目黒は目黒区東部にあり、1丁目から5丁目までで構成されています。駒沢通りの東側にあり、地区の中央を山手通り・目黒川が通っています。もとは旧荏原郡中目黒村から現在の「お洒落な人気の街」まで発展してきました。8,421世帯14,592人の住民登録があり、うち3丁目には1,510世帯2,613人が住んでいます。

 「中目黒」駅から本マンションまでは徒歩9分です。同駅を山手通り側に出て、山手通りを五反田方面へ歩き、中目黒立体交差点を右折して駒沢通りに入り、目黒区役所を右手に見つつさらに進んで恵泉バプテスト教会の角を左折して進んだ左手に所在します。徐々に登り坂となるルートです。

 2007年1月に竣工し、築13年とまだ築浅に分類できます。積水ハウスが手掛ける「グランドメゾン」の発想の原点は「集合住宅」ではなく「住宅集合」をコンセプトに造られた高級グレードのマンションです。駒沢通りを一本入った閑静な住宅街に位置します。緑の量の確保や、質の高い緑化の推進を図ることを目的として設けられた「目黒区みどりのまちなみ賞」を受賞しました。

 黒を基調に重厚感・高級感のあるスタイリッシュな外観を有し、玄関前には緑があります。共用部に大理石・天然石を使用するのも「グランドメゾン」の特徴で、24時間ゴミ出し可能な館内ゴミ置き場や、セコムのセキュリティシステムを採用し、スマートで快適な生活を享受できます。専有部も床暖房等はもちろん、ディスポーザーやビルトインエアコン、ペアガラスを備え、ドアノブ・扉・テラス等、細部の建具にもこだわっています。

 近隣には
まいばすけっと中目黒5丁目店が約3分、ライフ中目黒店約7分、ローソン中目黒店約2分と生活に欠かせないお店が揃い、「中目黒」駅からの帰路は中目黒商店街も通れる利便性の高い立地となっています。学区は目黒区立目黒中学校、目黒区立目黒小学校となります。

 総戸数55戸の間取りは1LDK〜3LDK、専有面積41.96平米〜106.17平米と多彩です。1階住戸は、B1F+1Fのメゾネットタイプが基本となります。

 対象住戸は、
地上3階建て建物のB1F+1Fに所在する専有面積62.71平米のメゾネット1LDKです。地下1階の玄関から入ると11.5帖の床暖房付きリビングがあり、らせん階段で階上に上がると9.0帖のDK(ディスポーザー付)、8.1帖の寝室となります。バルコニーは寝室にしか付いていませんので、リビング及びDKは昼でも電灯をつけなければ暗いと思われます。

 1階はうなぎの寝床のような間取りあまり良いとは言えませんが、販売価格はその点を考慮してか、5,280万円、坪単価278万円まで値下げされました。各ポータルサイトで対象住戸の自動査定を行うと、『マンションナビ』では5,853万円〜6,251万円、『イエシル』では5,311万円、『マンションマーケット』では6,042万円〜6,351万円、『ふじたろう』では7,184万円、『HOME'Sプライスマップ』では5,827万円〜7,117万円、『マンションレビュー』では6,154万円でした(面積等を対象住戸に合わせて補正しています)。

 これらの
自動査定の平均は6,233万円、坪単価329万円となり、販売価格は15.2%割安との試算結果です。なお、対象住戸の分譲時の価格は5,380万円、坪単価284万円との記録が残っています。

 このように、
相場の単純計算からは約1千万円も割安であるものの、分譲時価格からみれば相応な価格水準とも言えます。それでも立地やグレードから言えば目を引く販売価格で、中古市場での注目度も高くなっています。現物を見て躊躇するのか、これならお得と思えるのか、興味津々の物件です。

 種別:中古マンション
 名称:グランドメゾン中目黒THE CLASS
 価格:5,280万円 (税込)
 所在:目黒区中目黒3丁目
 交通:「中目黒」駅徒歩9分
 面積:専有62.71平米

詳細はこちら(ノムコムより)
グランドメゾン中目黒THE CLASS

TOPへ


| 中古マンション 目黒区 | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック