<< 新着新築一戸建−大田区南馬込4丁目 | main | 新着中古マンション−藤和岡本ホ-ムズ・センティヴェ-ル >>
えっ!奥行き3mのバルコニー?
★ 自宅へ送られてきた三井不動産レジデンシャルの「こんにちは」3月号をぱらぱらめくっていたら、「約3mのバルコニー”ソラリウム”誕生」という記事に目が吸い寄せられました。

 バルコニーはどんなに広くても、奥行き2.0mまで、と相場が決まっていました。というのも、バルコニーの奥行きが2m以下であれば、延べ床面積に算入されないからです。これは、マンション業者にとっては、とても重要なことです。バルコニーが延べ床面積に算入されてしまうと、容積率(敷地面積に対する延べ床面積の割合)の数値を押し上げることになるからです。

 容積率によって、その敷地に建てられるマンションの規模が規制されていますので、バルコニーが延べ床面積に算入されると、その分、本来の住戸に割り振られる面積が減り、必然的に住戸数が減ってしまいます。マンション事業者の事業採算性は、限られた容積率の範囲内で、いかにたくさんの住戸数を納められるかにかかっているわけですから、奥行3mバルコニーの採用は、これに相反するはずなのです。

 したがって、今回の三井不動産レジデンシャルの方針は、大変嬉しいことですが、そろばん勘定はどうなっているのか、興味をそそられます。地元自治体から特例をいただいたのか、それとも、今回のプロジェクトの敷地面積が約2万屬塙大なので、多少住戸数を犠牲にしても、このような付加価値をつけて高く売った方が良い、と判断したのでしょうか。

 ともあれ、3mバルコニーの採用は、今後のバルコニーの活用可能性を考えていく上で、大変意義ある英断だったと思います。間口が2.0mの洋室が普通になっている現状で、その1.5倍の奥行きを持つバルコニーは、立派に居住空間の一部として活用することができます。

 例えば、奥行き3m・間口8mのリビングに連なるバルコニーであれば、バルコニーだけで形の良い14.5帖のスペースにもなるのです。床をきれいにしつらえれば、ダイニングセットをゆったり置いてオープンテラスのダイニングスペースに、デッキチェアを置いてリゾートホテルのようなリラックススペースに、小さな子供たちのミニ遊園地に、夢はどんどん広がります。

 一方では、やはり本来のリビングへの採光が気になるところです。標準2,300mmのハイサッシを採用していますが、バルコニーの奥行きが広がれば広がるほど、上の階の梁が日光をさえぎり、住戸内部への光が届きにくくなると考えられます。

 今回3mバルコニーが採用されるのはタワー状のマンションで、眺望が抜けていれば他にさえぎるものがなくなるため、奥行き2m以下のバルコニーであれば普通はまぶしすぎるくらいの明るさだと思うのですが、今回の場合どうでしょうか。説明をしっかり聞いてみたいところです。

 さて、三井不動産レジデンシャルが初めて試みる全戸3m以上バルコニー付・タワーマンションの名は『パークシティ柏の葉キャンパス』。都心とつくばを結ぶつくばエクスプレス、そのほぼ真ん中に位置する「柏の葉キャンパス」駅徒歩1分という至便さで、総戸数977戸、地上35階建タワーなど5棟からなるマンションです。

 専有面積80崑罎世硲魁ぃ娃娃伊円台、90・100崑罎世硲粥ぃ娃娃伊円台からあり、「キャンパスタウン構想」による新しい街作りの息吹の中で、ゆったり快適な生活を送ることができそうです。


TOPへ


| 最新ニュース | 01:49 | comments(0) | trackbacks(4) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック
これから引越しを控えた方に対して役立つ引越しの便利な情報鐔ノ⊂霾鵑鬚届けします
物件契約・荷造り・引越し大辞典 | 2007/03/04 3:45 AM |
これから引越しを控えた方に対して役立つ引越しの便利な情報鐔ノ⊂霾鵑鬚届けします
引越し・物件契約・荷造りならココ | 2007/03/04 4:43 AM |
これから引越しを控えた方に対して役立つ引越しの便利な情報鐔ノ⊂霾鵑鬚届けします
引越し・物件契約・荷造りの全て | 2007/03/04 5:26 AM |
「採光(さいこう)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年3月4日収集分= *話題の有名...
ブログで情報収集!Blog-Headline/living | 2007/03/05 3:59 PM |