<< フォルスコート武蔵小杉(中古)−武蔵小杉駅徒歩3分・100平米超が6千万円台 | main | リビオ成増フォレストエア(新築)−駅距離のハンデを補う価格&共用施設 >>
不動産売買すべからずー本年の運勢

JUGEMテーマ:マンション


★ あけましておめでとうございます。

 昨年末に弊社で運営しているシステムにインシデントが発生し、すっかりペースを乱されたまま年末に突入してしまいました。本ブログの更新も久しぶりとなってしまいました。

 年末からの浮かない気分のまま妻の実家に帰省し、いつも行く郷里の神社で初詣をしておみくじを引くと、今までその神社で見たこともなかった
「凶」を引いてしまいました。売買は当然「慎むべし」とあります。翌日、気分を変えようと一人で車で少し遠出をして大きな神社でおみくじを引くと、これまた「凶」売買、投資は「利なし」とありました。

 おみくじを毎年引き続けて半世紀超、「凶」が出たことも初めてなのに、ダブル「凶」には愕然としました。
「これが最凶の運勢か」「凶オブ凶やな」とつぶやきながら、思わず「厄落とし」の「福豆」を購入し、巫女さんから教えられたとおりに橋の上から川にめがけて「幸せになれますように」と念じつつ「福豆」を落としたのです(家族からは厄年でもないのに無意味と言われましたが)。

 それにしても
最近、神社で凶のおみくじをよく見かけるようになりました。私が「凶」を引いた神社の1つ目はともかく、2つ目の神社は、私の周りでも結構「凶」を引いた人を多く見かけました。私の子供の頃は「大吉」が2〜3割はあった感覚で、「凶」などは一応概念上はあってもそんなものは出ないことになっており、皆気分を良くして神社を後にしたものでした。

 これを悔し紛れに考察するとすれば、
神社がビジネスをまじめに考え始めたという仮説が立てられるのではないでしょうか。まず、「凶」を引いた人は、そのままで初詣を終える人は少ないと考えられます。その神社か、少なくともどこか他の神社でもう一度おみくじを引くことになります。それでも「凶」が出れば、さらに他の神社に行くことになるでしょう。

 また、「凶」を引いた人は、私が「福豆」を買ったように、
何らかの消費行動をその神社で起こすはずです。「凶」さえ引かなければ買う予定のなかった「御守」を購入する人もいるでしょう。つまり、「凶」というおみくじは、その神社に「福」を呼び込む可能性が高いのです。

 一方、
「大吉」を引いた人がもう一度おみくじを引くことはまずありません。それどころか、「大吉」を「御守代わり」にする人も多く、予定していた「御守」を買うことをやめてしまうかもしれません。「大吉」は神社にとって「利なし」であることが認識されてきたのではないでしょうか。

 こうやって綴るといかにも
「罰当たり」な気がしてきたので、この辺でやめておきますが、日本人の縁担ぎは相当なものだと思います。しかし、それでありながら、マンション価格にはあまりそれが反映されていません。例えば風水であれば「北東」向きが最もよくないのですが、だからといって北東向きが他の方角に比べて格別安いというわけではありません。

 ただ、それは、
風水が日本人にそれほど普及していないからかもしれません。例えば普通「北向き」が最も安いのは、日照だけではなく、「北枕」などからくる宗教的なイメージもあるかもしれません。「東向き」が「西向き」より好まれるのも、夏の直射日光だけではなく、同様の感覚がありそうです。

 さて、昨日、気にした義姉が私にLINEで送ってくれた「本年の運勢」も、開いて読んでみると、
「建築、投資などは凶」とありました。年明け初日の本日は会社のシステムでまたもインシデント今年はとことん「凶」と付き合うことにしたいと思います。

『分譲マンション・アップデート』へ


| ノウハウ・経験談 | 19:45 | comments(0) | - |
Comment
コメントする