<< 不動産売買すべからずー本年の運勢 | main | 新築マンション販売不振ー都区部タワマンほど売れていないという事実 >>
リビオ成増フォレストエア(新築)−駅距離のハンデを補う価格&共用施設

JUGEMテーマ:マンション


★ 東武東上線「成増」駅より徒歩12分、東京メトロ有楽町線・同副都心線「地下鉄成増」駅より徒歩14分の場所に立地する日鉄興和不動産分譲・イチケン施工・地上5階地下3階建・総戸数53戸の『リビオ成増フォレストエア』です。

 アドレスは板橋区成増5丁目です。成増(なります)は1丁目から5丁目まであり、板橋区の西端に位置します。南は練馬区と、西は埼玉県和光市と隣接しています。東武東上線を挟み、南側が成増1丁目・成増2丁目、北側が成増3丁目・成増4丁目・成増5丁目となっています。埼玉県との境は旧白子川などの流路が採用されているため、白子川を越えて和光市白子に食い込んでいる地域や、白子が成増側に食い込んでいる地域もあります。

 東武東上線「成増」駅と東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄成増」駅があり、
両駅は200メートルほどしか離れていません。池袋方面の隣駅はそれぞれ「下赤塚」駅と「地下鉄赤塚」駅で、川越方面の隣駅はどちらも埼玉県和光市の「和光市」駅となります。

 「成増」駅の南口には
成増スキップ村と呼ばれる商店街があります。成増はモスバーガー発祥の地であり、モスバーガー1号店は成増店です。北口には西友などの商業施設があり、都市銀行はみずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行などの支店があります。

 「成増」駅付近は賑やかですが、徒歩10分強で南側にかつての
成増飛行場跡の光が丘公園、北側には板橋区としては少ない第一種低層住居専用地域指定の住宅地もあります。本マンションの所在する成増5丁目の白子川沿いには湖池屋本社があります。

 「成増」駅の南口側はほぼ平坦な地形ですが、
北口側は起伏に富んでおり坂が多くなっています。北口再開発が行われ、駅前ロータリーの整備・複合施設「ACT」・それと駅とを渡すデッキなどが完成(第一次)、さらにその後、複合施設「アリエス」が完成(第二次)しました。また、第一次、第二次に次ぐ再開発が検討されており(成増駅北口第三地区)、現在は地区の設定を含めて、整備内容等についての研究が行われています。

 「成増」駅より本マンションまでは徒歩12分です。同駅北口を出て右折して北上していくルートで、上記の通りアップダウンがあります。「成増」駅と並ぶように所在する「地下鉄成増」駅からもほぼ同様の北上ルートとなります。北側を成増五丁目公園に隣接し、道路をはさんで西側に同時分譲の『リビオ成増ブライトエア』(総戸数48戸)があります。

 古くから商業の街として栄え、さまざまな利便施設、大小の公園が充実した「成増」です。本プロジェクトに近接する「成増五丁目公園」(約100m・徒歩2分)は、小さな山を思わせるような、緑あふれる丘陵状の公園で、その脇の「旧白子川緑道」(徒歩3分)も癒しのスペースであり、子どもと安心して遊べる静かな環境が広がっています。また、本プロジェクトは、和光市方面に向かって開けた高台にあり、日照や風通しに恵まれた開放感ある暮らしです。

 成増幼稚園(約590m・徒歩8分)、区立成増ヶ丘小学校(約680m・徒歩9分)など、
幼稚園、小学校、中学校がいずれも徒歩圏内です。児童館も付近にあり、子育てや教育には恵まれた環境です。また、環境だけでなく学校教育の内容も充実しており、赤塚第二中学校(約600m・徒歩8分)は、専門教科ごとに教室を割り振る教育センター方式を導入し、学習意欲を高める学びが進められています。

 2街区合わせて101戸というスケール感、周辺に広がる住宅街との調和と、公園の緑との調和を目指し、色調やデザインだけでなく、植栽の種類や高さに統一感を持たせています。2棟ならではの共用部の相互利用等のメリットを享受できます。

 エントランスは光と直線的なデザインでモダンな印象を高めています。間口とステップの幅にゆとりをもたせ、通りからのアクセスをよくするなど、使い勝手にも配慮しています。「journal standard」監修のパーティールーム、三井デザインテック監修によるシェアオフィス、専有部には「LABRICO」とのコラボによるDIYパーツなど、様々な企業とのコラボレーションを実現しました。日曜大工に、お子様の工作に「DIYルーム」も用意されています。このほか、キッズルーム、集会室、トランクルームなど、1棟53戸では実現しづらい共用施設が備わっています。

 現在は
先着順4戸販売を行っており、間取り2LDK+S〜3LDK、専有面積65.39平米〜72.74平米に対し販売価格4,558万円〜5,298万円、坪単価230万円〜241万円程度です。本マンションの平均坪単価は230万円台、『リビオ成増ブライトエア』の平均坪単価は240万円台とされており、いずれにせよ一般サラリーマンファミリーに手が届きやすい価格設定になっています。

 駅から徒歩10分圏外で少し遠さを感じますが、
「成増」駅は「当駅始発」があり、座って通勤することも可能ですし、「池袋」駅を直通10分で結ぶほか、多くの都心駅へも30分内で行けます。「地下鉄成増」駅からは、有楽町線・副都心線が利用可能、2駅3路線と、自在なアクセス環境です。 

 豊富な共用施設や他業種とのコラボなど、
家族で楽しく暮らせる工夫も詰まっており、駅距離のハンデを補うには十分です。価格もリーズナブルに抑えられ、好印象の物件となりました。

公式ホームページ ⇒リビオ成増フォレストエア

TOPへ


| 新築マンション 板橋区 | 19:24 | comments(0) | - |
Comment
コメントする