<< 気になった物件をご紹介―2020年6月29日 | main | 気になった物件をご紹介―2020年7月3日 >>
クリオ横濱ディアマークス(新築)−現在唯一の「横浜」駅最寄り、強気の価格設定

JUGEMテーマ:マンション


★ 横浜市営地下鉄ブルーライン「横浜」駅より徒歩11分、JR東海道本線・同根岸線・同横須賀線・同京浜東北線・東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線・相模鉄道本線「横浜」駅より徒歩13分の場所に立地する明和地所分譲・南海辰村建設施工・地上7階建・総戸数27戸の『クリオ横濱ディアマークス』です。

 アドレスは横浜市西区浅間町2丁目です。浅間町(せんげんちょう)は横浜市の東部に所在し、北東から順に1-5丁目に分かれ、住宅地、商店、事業所が混在しています。1918年(大正7年)には東海豆粕製油、1920年(大正9年)には平野味噌と食品工場が創業しました。東から時計回りに岡野、南浅間町、天王町、宮田町、鎌谷町、浅間台、南軽井沢、楠町、北幸、南幸に隣接しています。

 元は
芝生(しぼう)村と称し、武蔵国橘樹郡に属しました。神奈川領のうち村内を東海道が貫通し、神奈川宿と保土ヶ谷宿の中間の立場として栄えました。1901年(明治34年)の横浜市編入の際に域内にある浅間神社から浅間町と改称しています。

 本マンションの所在する浅間町2丁目には2017年12月31日現在、
931世帯1,717人が住んでおり、小学校は浅間台小学校、中学校は岡野中学校が通学校となります。岡野中学校は新田間川を渡ってすぐですが、浅間台小学校(徒歩8分)は急な坂道を登校する必要があります。

 「横浜」駅から本マンションまでは徒歩11分又は13分です。同駅西口から西に向かって歩くフラットアプローチです。徒歩10分超はやや遠さを感じますが、それでも最寄り駅が11路線が利用できる大ターミナル駅の「横浜」駅ですから十分に魅力的です。しかも、同駅西口周辺の喧騒からは一線を画した穏やかな住宅地です。通り道にあるジョイナス、横浜タカシマヤ、横浜ビブレ、ハマボールイアス、岡野公園が気軽に利用できます。

 近隣にある商業施設は
ファミリーマート横浜浅間町店(徒歩2分)、ローソンストア100横浜浅間町店(徒歩3分)、サミットストア横浜岡野店(徒歩4分)ですが、「横浜」駅前まで出れば横浜タカシマヤをはじめ何でもあります。公園は、新田間公園まで徒歩2分、上記の岡野公園まで徒歩3分です。

 本マンションは
全戸南東向きで、角住戸、ルーフバルコニーなど多彩なプランが用意されています。目前に建物がないリバーサイドの立地で、南東・南西が街路に接する2方角地の恵まれた立地です。歩行者の安全を考えて、歩行者用メインエントランスと駐車場出入口を分けた歩車分離アプローチを採用、41台分の駐輪場を建物内に設置しています。

 専有設備では、
食器洗い乾燥機、高級人造石カウンタートップなどが目を引きます。直床なのが残念ですが、天井は二重天井です。

 間取りは2LDK〜3LDK、専有面積44.25平米〜76.19平米で、現在販売しているのは2LDK、44.25平米のBタイプ・Dタイプ、2LDK+S(実質3LDK)、63.72平米のAタイプです。販売価格は4,695.1万円〜6,592.3万円、坪単価342万円〜351万円程度です。

 駅距離の遠さを補うのが価格設定だとすれば、本物件では
割安感はなく、2割程度安い坪単価280万円程度であれば検討者はもっと増えたことでしょう。2019年7月から分譲を開始して約1年、本年11月には竣工予定です。新築マンションとしては周囲に競合物件がないのが強みで、あせらず販売していくスタンスと考えられます。

TOPへ


| 新築マンション 横浜市西区 | 19:51 | comments(0) | - |
Comment
コメントする