<< 東急ドエル・プレステージ浜田山ガーデンズ(中古マンション)−本来の住環境の良さを考える | main | パークハイム上用賀(中古マンション)−馬事公苑に近いオール三井ブランド >>
レーベンスクエア リハート東京(新築マンション)−注目度・お得度の高い足立区新田マンション
★ 東京メトロ南北線「王子神谷」駅より徒歩14分、JR京浜東北線「東十条」駅徒歩21分の場所に立地するタカラレーベン分譲・長谷工コーポレーション施工・総戸数278戸の『レーベンスクエア リハート東京』です。

 近年開発が進む注目の足立区新田に立地します。駅からの距離がやはりネックですが、その分
敷地面積が11,318.89屬傍擇崑腟模マンションの計画が可能となりました。荒川と隅田川に囲まれて約1,400屬領个△佞譴訥を有するほか、周囲も荒川鹿浜緑地など自然が豊富です。東京都民ゴルフ場が徒歩4分の近さで、コンビニ・郵便局・役所・病院もご近所、保育園・小学校・中学校とも徒歩5分圏内です。

 本エリアは、東京都が実施した
地震危険度測定調査において、総合危険度ランクが最も低くなっており、マンションとしても地盤対策がしっかりとられています。100%完備の自走式駐車場は月額利用料500円〜2,000円という設定、全戸南向きの明るい空間もポイントです。

 デメリットを挙げるとすれば、駅からの距離のほか、中規模以上のショッピングストアが気軽に行ける距離にはない点です。各世帯の車所有がしやすいマンションですので、買い物や用事は車と割り切れば、不便はないかもしれません。隣が倉庫で、今後の開発がどうなるのかも気になるところです。

 二重床・二重天井、ペアガラス、ハイサッシ、床暖房といった工法・仕様の採用はなく、ある意味割り切った造りです。現在お住まいの方からは、夏の真っ盛りはガラス張り・無空調のエントランスが暑いとの感想がありました。地上15階建てですから日照・眺望は良く、花火大会もそこそこ見えたようです。

 間取りは田の字型が基本ですが、玄関の入口やクランク状の廊下など、工夫されたプランもあります。この4月に竣工、7月中旬には80戸程度残っているとの情報でしたが、公式HP上は10戸販売の記載となっています。

 販売価格は、専有面積72.35屐89.68屬3LDK・4LDKに対し、3,498万円〜4,988万円、坪単価160万円〜184万円程度と考えられます。高層階中心の販売となっているせいか、本マンションの中では高めです。昨年10月には、各戸250万円程度の値上げをしたとのことですが、今回も若干の価格の修正があったのかどうかは明らかではありません。

 標準相場を試算すると、198万円[王子神谷昨年坪単価]×1.121[本年地価上昇率]×0.911[駅距離補正]=坪単価202万円となりました。
2005年10月分譲開始だけに、値上げがあったとしても、まだ割安な印象です。より遠い「王子神谷」駅徒歩16分で現在販売中の『アクアテラ(WONDER WIDE WORLD)』の坪単価が152万円〜183万円程度ですので、ほぼ同等の価格水準と言えます。

 お住いの方々で草むしりとちょっとした懇親会をやろうという計画も自主的に進みつつあるなど、良好なコミュニティが徐々に形成されつつあるようです。
日経住宅サーチの今週のアクセスランキングでトップとなった注目度の高い『レーベンスクエア リハート東京』、完売が待たれます。

公式ホームページ ⇒レーベンスクエア リハート東京

TOPへ


| 新築マンション 足立区 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック