<< グランドメゾン上池袋(中古マンション)−クロスロードの交通・生活利便性、最上階の快適 | main | マンションという責任者のいない城−不動産業界の知恵としての責任回避システム >>
センターフォート(東横オアシス)(新築マンション)−遠くても東横、鶴見川低地でも丘の上の大規模プロジェクト
JUGEMテーマ:マンション

★ 東急東横線「綱島」駅よりバス10分「駒岡」バス停下車徒歩3分、またはJR京浜東北線「鶴見」駅よりバス20分「駒岡」バス停下車徒歩4分の場所に立地する有楽土地&東京急行電鉄&アゼル&三交不動産&セントラル総合開発&長谷工コーポレーション分譲・長谷工コーポレーション施工・地上8階地下1階建・総戸数497戸の大規模マンション『センターフォート(東横オアシス)』です。

 アドレスは横浜市鶴見区駒岡4丁目です。本物件は、昨年4月2日の記事「横浜市鶴見区に大型郊外物件が登場!」で「横浜駒岡計画」としてお伝えしたものが販売されるものです。面積20,609.39屬良瀉呂蓮従来、東芝駒岡寮などに使用されていました。

 竣工予定は、当初来年3月末となっていましたが、現時点ではその3か月遅れの同年6月下旬の予定、入居は同年9月下旬が予定されています。
売主に6社が並ぶビッグプロジェクトで、本開発が計画された昨年当初における不動産市況の熱気が伝わってくるようです。

 『センターフォート』は別名、『東横O.A.S.I.S.(東横オアシス)』、しかし、駅名や路線名を強調するマンションは、実はその駅・路線から(最寄りではあるものの)かなり遠い、という法則(?)があり、『センターフォート』も例外ではありません。「綱島」駅は急行停車駅で便利ではありますが、そこからバスに乗って10分、下車後徒歩3分、バスも4,5分おきにある、というほど頻繁ではなく、地元の方はともかく、当地に初めての方は、慣れるまでストレスを感じる距離かもしれません。

 しかし、
丘の上にあって全方位を見渡せるロケーションは、その閑静さ及び緑の豊かさとあいまって、豊かなライフスタイルを想像させます。「綱島」駅へは居住者専用シャトルバスを本マンション発着で運行させるとのことですから、上記の駅へのアクセス問題はかなり解消されそうです。

 本物件は丘の上にあるとは言え、鶴見川に近い低地の低層住宅街の中に立地し、大雨のときなど多少脅威を感じるかもしれません。全体として整然とした街並みとは言い難いのですが、例えば、周辺の商業施設については、
近い順にジャスコ、ビッグヨーサン、安さが評判のつるかめランド、そして最近オープンした話題のトヨタ系列大型商業施設「トレッサ横浜」(徒歩16分)など、生活利便性に大変恵まれています。少し足を伸ばせば、広大な敷地の三ツ池公園(徒歩17分)など、あふれる自然とも存分に触れあえます。

 『センターフォート』のマスタープランにおいては、
「レジデンシャル・リゾート」空間の創出を目指し、8つの住棟をゆったりレイアウト、随所に庭園空間を設けました。アフタヌーンティーが楽しめるサンクチュアリーサロン、ホームパーティーなどにも活用できるオーナーズスイート、フィットネスクラスが開催予定のアクティブスタジオなど、共用施設も充実、ただしマンション規模からすると、若干抑え気味かもしれません。

 間取りは、専有面積70.65屐110.62屬3LDK〜4LDKと、
ファミリータイプ専用で、田の字型住戸が基本となっています。駐車場は全員分が用意され、バイク置場は20台、ミニバイク置場は33台と、郊外型で問題になりがちなバイク置場の台数も一応配慮がなされているようです。

 予定販売価格は、専有面積
80.08屬3LDKが4,400万円台より、90.46屬4LDKが5,000万円台より、95.18屬4LDKが5,400万円台より、とされており、坪単価185万円程度からの価格設定となっています。平均専有面積が83屐∈蚤寝然並咾4,900万円台、ということですから、これを単純に計算すると、平均坪単価は195万円〜200万円程度、というところでしょうか。

 標準相場をごくおおまかに試算すると、197万円[綱島一昨年坪単価]×1.056[地価上昇補正]×0.927[駅距離補正]=坪単価193万円となりました。この試算からすれば、『センターフォート』の予定販売価格は、
ほぼ相場に沿ったものと言えそうです。

 一方、近隣の駒岡5丁目で平成18年秋から分譲された
『グランエール綱島』は、平均坪単価162万円という価格帯でした。これを基礎とすると、『センターフォート』がその2割強アップの販売価格となっている点には留意が必要です。

 5月19日の日経産業新聞の記事によれば、首都圏の主要6沿線の中で、昨年の分譲マンションの新規発売月の契約申込率が最も高かったのは、東急東横線沿線の82.5%だったそうで、
マンション市況が悪化する中、東横線沿線の根強い人気ぶりが鮮明になっている、とされています。

 『東横オアシス』のネーミングはまさにそれにあやかったもので、この近隣をときどき利用する私としても、確かにここは、鶴見というより、東横線利用圏内のイメージがあります。
平均坪単価200万円前後の価格帯は、都心にやや近い郊外型の値付けとして最近ポピュラーであり、団塊ジュニアでも何とか買えるお値段でもあります。

 大規模物件の割には、前評判の盛り上がりに欠けているのが気になるところです。
6月下旬に販売開始が予定されています。

公式ホームページ ⇒センターフォート(東横オアシス)

TOPへ


| 新築マンション 横浜市鶴見区 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(6) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック
バイクを3台所有している父へのプレゼントを考えると、どうしてもオートバイ関連用品しか...
中古バイクパーツ | 2008/06/03 9:00 PM |
ファンド・不動産情報商材の2008.5.30集計ランキング
ファンド・不動産・その他部門-情報商材・評価ランキング10☆ | 2008/06/04 10:32 PM |
284 名無しさん@そうだ登録へいこう sage New! 2007/04/27(金) 05:30:03 ID:22op5enO0派遣社員の階級 ★下流★ 所持金がほとんど無く毎月前借りが基本。煙草の拝借は毎回誰かに依存。 食事付きの寮しか住めない。携帯はプリケー。彼女または、彼氏無し。マシン無し(車
派遣の星 | 2008/06/05 6:26 AM |
トレッサ横浜 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
気になるワードを詳しく検索! | 2008/06/05 2:59 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/06/14 3:26 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/06/17 11:52 PM |