メイツ見沼代親水公園(新築マンション)−新線の恩恵に浴する水と緑の特等席
★ 東武伊勢崎線「竹ノ塚」駅バス15分「舎人二ツ橋」バス停下車徒歩1分の場所に立地する名鉄不動産分譲・長谷工コーポレーション施工・総戸数44戸の『メイツ見沼代親水公園』です。

 最大のポイントは、本年度開業予定の日暮里・舎人ライナー『見沼代親水公園』駅徒歩1分の利便性です。これは、東京都の建設している新交通システムで、「ゆりかもめ」同様、道路を立体的に利用した専用軌道上を走行するバスと鉄道の中間程度の輸送力を持つ新しいタイプの交通機関です。

 これにより、水と緑に恵まれた地にありながら
「西日暮里」駅まで直通18分、「上野」「池袋」「大手町」が30分圏となります。始発駅となるため、座って通勤が可能となるのもうれしいポイントです。

 本マンションから歩いて徒歩2分の
見沼代親水公園は、緑とせせらぎの遊歩道型公園で、日曜日や祝日はお散歩する親子でにぎわいます。3月から10月頃まではザリガニ釣りが楽しめ、親も子供も夢中になります。舎人二ツ橋のセブンイレブンには「ザリガニ釣りセット」が売っているそうです。また、徒歩18分の舎人公園は、別名ワンちゃん王国、24時間利用OKの無料のドッグランを目当てに舎人エリアを訪れる人も多いそうです。足立区屈指の神社建築で舎人町の鎮守でもある古社舎人氷川神社は徒歩1分の近さです。

 さて、本マンションは面積851.94屬両ぶりな敷地に地上15階地下1階建ての総戸数44戸、専有面積63.46屐76.84屬糧羈單コンパクトなファミリータイプの2LDK・3LDKタワー型レジデンスとなります。
次世代型オール電化マンションで全戸南西向き、前面は豊かな緑の立地環境で、見晴らしの良さも自慢です。

 販売価格はまだ明らかではありませんが、周辺地価は新線開通効果で急上昇、本マンションの所在する舎人5丁目は、この1年で地価が31.4%上昇しました。昨年同じ町内で分譲された
『レクシオ見沼代親水公園』が同程度の規模・コンセプトで平均坪単価154万円でしたので、この1年間の地価上昇およびより駅近であることを考慮すると、本マンションは154万円×1.314×1.047=平均坪単価212万円程度と推測されます。

 新線の開通により、マンション開発が活発になってきました。同じく舎人5丁目にフォーユーの
『アーデル見沼代親水公園』が新駅徒歩4分で専有面積69.13屐104.66屬料躙与86戸の地上14階建て建物を敷地面積2,422.64屬坊設、9月1日にモデルルームがプレオープンします。駅距離は『メイツ見沼代親水公園』、規模では『アーデル見沼代親水公園』に優位性があり、販売合戦が繰り広げられることでしょう。

 豊かな水と緑に恵まれた住環境に利便性が加わって将来性が約束された見沼代親水公園エリア、本マンションは先見性のある方への特等席となることでしょう。


公式ホームページ ⇒メイツ見沼代親水公園

TOPへ


| 新築マンション 足立区 | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) |